鶏のささみって本当にいいの?

高タンパク低脂質の鶏のささみって本当にいいの?

脂肪の少ない鶏のささみは高タンパク低脂肪食品として最高だ。
しかし、同じ栄養素を補給するのでも、できるだけ多くの食材から摂取するというのがカラダにいい食生活の基本。

 

カラダは20種類のアミノ酸で構成される。
人が体内で作ることのできないアミノ酸は9種類。

 

その構成比は動物性タンパク質か植物性のそれかでずいぶん異なる。
そういうわけで、動物・植物それぞれのタンパク質をどちらも補給することでアミノ酸バランスを整えたい。

 

サイドディッシュや汁物で動物性+植物性タンパク質を

豆腐は昔から日本人の重要なタンパク質。
ここにトッピングされる鰹節は動物性タンパク質。
これで植物性+動物性となる。

 

朝の食卓に納豆が出たら生卵をミックス。
これでアミノ酸バランスも上々の植物性+動物性タンパク質となる。

 

豚汁は動物性タンパク質の豚肉と植物性タンパク質の大豆製品である味噌のベストカップル。
豆腐も入ればもっとグッド。