ダイエット中に食べていいもの悪いもの

ダイエット中に食べていいもの悪いもの

もともと不健康な食材というものはない。
ダイエットの敵としてよく名指しされるサーロインや豚バラだって、ケーキやスナック菓子や清涼飲料水だって、それ自体が悪いわけじゃない。
考えなしに毎日腹の中へ大量に放り込んでしまうからいけないのだ。

 

そういえば、おデブな人ほど「自分へのご褒美!」と高カロリーの食べ物をたいらげているはずだ。
さて、体重を1〜5kg1か月で落とす時に主体とすべき食材をまとめてみた。
同じ肉でも部位によってカロリーが大きく異なる。
1か月の我慢でいいのだ。
といっても、工夫次第で食のバリエーションには不自由しないはずだ。

 

 

【肉の部位による脂肪量の違い】

肉の部位

脂肪(g/100g)

牛サーロイン(脂身付き)

498Kcal

牛ヒレ

223Kcal

豚バラ(脂身付き)

386Kcal

豚ヒレ

115Kcal

鶏もも肉皮付き

200Kcal

鶏ささみ

105Kcal

 

 

【ダイエット中に食べていいもの悪いもの】

 

  -5kg -3kg -1kg

鶏ささみ、牛豚ヒレ

牛豚もも、鶏むね

牛豚ロース、鶏もも

白身魚類

マグロ赤身

サケ、アジ

甘いもの

果物

和菓子

和菓子

菓子

酢昆布

せんべい

せんべい

飲み物

コーヒー、お茶、水

野菜ジュース

微糖コーヒー、カフェオレ

アルコール

なし

ビール、焼酎、ワイン

日本酒、洋酒

 

【-5kg】
肉は徹底的に低脂肪のヒレ肉、鶏のささみで1か月をしのごう。
魚は淡白な白身で。
スイーツは禁止、甘いものを食べたい時はフルーツで。
それでも口さみしいときは昔なつかし酢昆布を舐め舐めしていよう。
コーヒーはもちろんブラックで。
アルコールは全面禁止。

 

 

【-3kg】
鶏むね肉は皮を取り除けばOK。
牛豚も、ヒレ肉以外にもも肉も食べてよし。
魚は低脂肪の赤み&白身で。
スイーツもOKだが、和菓子を2日に1個に抑えておこう。
野菜ジュースは果汁や砂糖が入っていない100%のものなら飲んでよし。
アルコールは週の半分の頻度ならOK。

 

 

【-1kg】
それほど神経質にならなくてよいが、肉の場合、ひき肉、バラ肉、手羽などは避ける。
魚も大トロやブリはNG。
アイスクリーム、スナック菓子、清涼飲料水などはダメだが、和菓子なら1日1個までOK。
缶コーヒーも低糖・微糖のものを1日1本まで。